むかし の どうぐ。 「昔の道具」博物館

昔の道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

火事用ポンプ 今では、消化ポンプです。

19

Web版 「むかしの道具」展

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

この分銅の形は蚕の繭をかたどったものといわれており、江戸時代初期に生糸貿易が盛んであり、生糸は貴重品とされたためといわれています。 銘々膳(めいめいぜん)ともいわれ、箱膳は、箸(はし)や茶碗(ちゃわん)と同様(どうよう)に、 一人一人が持っていました。

17

洗濯(せんたく)をする道具|さがみはらし

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

人々が便利な道具を生み出した知恵と工夫について触れます。

3

「昔の道具」博物館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

びっくりしました。

6

お米を作る道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

豆炭行火(マメタンアンカ) 使用年代 昭和 (50年ぐらい前まで) 使い方 湯たんぽと同じ役割で、豆炭を中に入れると、一晩中温まる事ができます。 高価なために、共同購入することが多かったようです。 すみび 上で火を使って、何かを焼く。

「昔の道具」博物館

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

または、田植え前の田んぼを平らにならす道具。 もっこ. ご飯を食べ たりお茶を飲んだりしました。

5

時代とともに変化した「脱穀(だっこく)」するための道具

の どうぐ むかし の どうぐ むかし

回りは、ベタベタしています。

5