佳境 に 入る。 ビジネスシーンで使われる「佳境に入る」の意味|使い方/誤用例/例文

「佳境」の意味とは?語源や正しい使い方を解説(例文つき)

に 入る 佳境 に 入る 佳境

「仕事が佳境に入った」は「仕事が終わりに近づいている」という意味ではなく、「仕事がピークに差し掛かる」という意味になります。 「佳境に入る」の使い方 「佳境に入る」は一番興味深い場面にさしかかるという意味でした。

「佳境に入る」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

に 入る 佳境 に 入る 佳境

それが明かされる瞬間こそ、まさに物語が「佳境に入る」と言えます。

「佳境」の意味と使い方・例文・類義語は?現役記者がサクッと解説!

に 入る 佳境 に 入る 佳境

ビジネスシーンでは、仕事の最盛期という場面で用いられます。

11

「佳境」の意味と使い方・例文・類義語は?現役記者がサクッと解説!

に 入る 佳境 に 入る 佳境

広辞苑第七版の記述では、「最も興味深い部分になる」とだけ載っています。 例文4. しかし、熟語の構成が表すように、良い意味で用いなければ誤用となります。 そこから転じて、仕事や何かしらの作業など、一連の流れのあるもの全般に対しても使うようになりました。

9

「佳境」の意味と使い方・例文・語源・類語・対義語|佳境に入る

に 入る 佳境 に 入る 佳境

「佳」の「圭」という字は「土」という字がふたつ連なっていて、整った印象を与えます。 「その辺りの場所は佳境に富んでいる」 「物語はいよいよ佳境に入り、そのまま夢中になって一気に読み進めた」 「物語がいよいよ佳境に入ろうというその時に電話が鳴り興ざめする」 「戦争体験者が語るノルマンディー上陸の体験談は今まさに佳境に差し掛かっていた」 「彼の話はいよいよ佳境を迎え、大げさな身振り手振りを交えながら話していた」 「今週からドラマは佳境を迎え、来週の最終回ではその盛り上がりは最高潮に達するだろう」 「プロ野球の放送がまさに佳境というところでCMに入ってしまった」 「それはちょうど、この夜の花火大会が一番佳境といわれるはずの時間だった」 「どんな物語でも佳境まで聞いて結末を聞かないのは気持ちの悪いものだ」. 」 あなたのその勘は正解か否か! ということで今回は「佳境に入る」の 意味と 類語。

【緩急】漸く佳境に入る、釣瓶、間髪をいれず、徐に、逸早く

に 入る 佳境 に 入る 佳境

佳境と終盤の違い 佳境と終盤の意味の違い 佳境と終盤の違いを分かりやすく言うと、 佳境とは物事の盛り上がりの部分を意味し、終盤とは終わりの部分を意味するという違いです。 ポジショニングを意識すれば、 「頭が下がる」と「頭が上がらない」は、その動作状態を想像する限りは同じような印象を受けますが、実際は 「先輩の生きざまに感動しました」という表現をよく見かけます。 正しい意味でつかうためにはどう用いればよいのでしょう? 「佳境」はある状況での山場・最盛期を表すために用いられる 「佳境」は、物語などのクライマックスで用いられます。

10

【ビジネス】「佳境に入る」の意味と使い方・例文

に 入る 佳境 に 入る 佳境

This is the climax of this movie. ・台風の影響によって夏祭りの延期が表明され、せっかく盛り上がっていた佳境への期待は乱される形となりました。 」だけでは伝わりにくいので、前置きとして現在どこまで進んでいるのかをしっかり伝えるようにしましょう。

8